着圧ソックスの洗濯方法は、一体どうしたら良いのでしょうか?
一度買ったは良いけれど、毎日長時間履くものでもないし、毎日洗濯するのも・・・と思っている女性もいるでしょうね。

着圧ソックスを購入した人で、意外に気にしていないのが、洗濯の方法についてです。

「普通に、洗濯機で丸洗いしているけれど?」
と言う人が多いと思います。

実は、着圧ソックスに限ったことではないのですが、着圧機能を持っているインナーや商品には、特にお手入れや洗濯方法には気を遣わなければならないのです。

「2回から3回洗濯したら、引締め効果が弱くなった気がする・・・。」
そんなレビューをたまに見かけることがあります。

そんな時には、洗濯方法を確認しましょう。

普通に、洗濯機で丸洗いしていることが多いようですよ。
しかしこれが引締め効果を弱めてしまっている原因になっているかもしれません。

もちろん洗濯機の使用は可能です。
しかし、使用の際には注意も必要です。

まず、洗濯機を使用するのであれば、洗濯ネットを使用するようにしましょう。
他の洗濯物との摩擦などを防ぎます。

そして、大手メーカーの着圧ソックスでは、乾燥機禁止、日陰干しが前提です。
市販されている着圧ソックスの選び方については【着圧ソックスが市販されているのが多すぎ!どれを選べばいいの?】を読んでくださいね。

また、漂白剤も不可となります。
アイロンも使ってはいけないとされています。

「何故そんなに面倒臭いの?」
「いちいち手洗いしなければならないの?」
そう思う人も大勢いるでしょう。

それには理由がしっかりとあるのです。

まず、複雑な裁縫構造であることがあげられます。

普通のソックスとは違う着圧ソックスは、構造が複雑であることが分かります。

着圧部分は特にデリケートになっているので、雑に扱うと着圧の構造を支えている部分を傷める原因になります。
本来の着圧力や伸縮性も欠ける恐れがありますから、優しい手洗いが基本なんですよ。

また、素材がポリウレタンと言うことも、理由の1つです。

着圧ソックスの素材は、ナイロンやポリウレタンで作られているものが殆どです。

このうちポリウレタンは、伸縮性のある素材で着圧力の要でもあります。

ただ、ポリウレタンは熱に弱いので、強制乾燥やアイロンで劣化を起こすことがあります。

着圧位置や、着圧力をキープするためには必要なことなので、乾燥機を使わずに日陰干ししましょう。

長く愛用したいのであれば、着圧ソックスの洗濯表示を、しっかり確認しましょう。

美脚ソックスに限らず、着圧系インナーは素材の構造、配合率が異なります。
お手入れの方法も商品ごとに違います。

長く愛用したいのであれば、パッケージに記載されている洗濯表示をしっかり確認して使いましょう。

また、乾燥機も熱風が吹きますから、使用不可になります。

洗濯機で洗う場合は、洗濯ネットを使用しましょう。

干す場合は非陰干しで、気を遣って洗濯をするようにしましょう。

洗濯の回数は、人によってそれぞれのようです。

しかし、ずっと洗わずにいては雑菌も繁殖してしまうかもしれません。
自分では気がつかないうちに、結構汗をかいています。

清潔でない着圧ソックスを履いていると、肌がかぶれる原因にもなります。
ですので、こまめに洗濯することを忘れないで下さいね。