レギンス入浴ダイエット法と言うものが、人気となっていますよね。
テレビなどのメディアで紹介されたこともあり、聞いたことがある女性も多いのではないでしょうか。

しかし、なぜレギンスを履いたまま入浴すると足痩せに繋がるのでしょうか?本当に効果があるのでしょうか?

運動は一切不要、レギンスを履いたまま入浴するだけ、それも1日3食食べてOKと言うなんとも魔法のような入浴法なんですよ。
女性にとっては、とても魅力的な方法ですよね。

レギンスと言うと、足だけしか痩せないイメージを持っている人も多いと思います。
しかし、ふくらはぎやウエスト、ヒップにも影響がある画期的なダイエット法として、今話題になっています。

では、レギンス入浴ダイエットの方法は一体どんなものなのでしょうか?
レギンス入浴の方法と、本当に効果があるのか?
どんなレギンスを履けばいいのかなど、まとめてみました。

レギンス入浴の方法は?普通のレギンスでも大丈夫なの?

レギンス入浴の方法は、とっても簡単です。

「レギンスを履き、そのまま20分から30分入浴するだけ。」と言う簡単なものです。

この時のレギンスは、普通のレギンスでもOKです。

レギンス入浴用のレギンスではありません。
いつも履いている普通のレギンスで大丈夫なんですよ。

レギンスを履き、後はいつもと同じように湯船に浸かるだけで良いのです。

専用のレギンスを使う必要もなく、普段使っている普通のレギンスを活用しても充分の効果を発揮します。
一度手持ちのレギンスを取り出してきて、実勢してみてください。
もう使わなくなった古いレギンスを入浴用に使うのもいいかもしれませんね。

もちろん、もっと効果を出したいというのなら、加圧レギンスや加圧ソックスを着用するのもおすすめです。
加圧レギンスなら、履くだけで加圧されますから、入浴との効果でさらに効果がアップします。

でも、普通のレギンスでも大丈夫なので、まずは普通のレギンスで試してみてくださいね。

加圧レギンスの効果については【着圧ソックスで痩せるのか?効果の秘訣は?】を読んで下さい。

では、なぜレギンス入浴はダイエットにつながるのでしょうか?
それも、普通のレギンスなのに。

それは、足全体とお腹に圧力をかけるためなんですよ。

ただでさえ、お風呂に入ると水圧がかかり、足やお腹に圧力がかかります。
レギンスを履いていると、さらに圧力が増す訳ですね。

そうすると、血流がアップし、むくみや冷えなどの解消に繋がります。
結果、痩せやすい体質になれると言うことなんですよ。

レギンス入浴のダイエットの基本は
「レギンスを履いて入浴する。」
ただそれだけなのですが、もっとダイエットを期待したいのなら、入浴中にマッサージを取り入れるとより効果的です。

まず、足首を回すことは足先の血流をアップし、むくみ解消へと導きます。

湯船の中で行うのが、最も良いとされています。

また、太ももを揉むのも良いですよ。

膝の上から鼠径部に向かって膝の表面を押し流していきます。

膝の筋肉が刺激され、代謝アップを見込むことができますよ。
左と右、それぞれ5回程度繰り返すと良いですね。

また、両手で太ももマッサージをするとセルライトを撃退することができます。

太ももを、ぞうきん絞りするようにぎゅ、ぎゅ、と絞っていくことで、太ももについた頑固なセルライトを除去することが出来ると言われています。

外側、内側共に行うと良いでしょう。

特に、セルライトが気になる部分を集中的に揉みほぐすと良いですね。

レギンスを履くタイミングですが、洋服を脱いだ時にレギンスを履くのが一般的です。

体を流してしまってからレギンスを履くのは難しいですし、そのまま入るのが一番です。

家族がいる場合は、最後に入浴するようにしましょう。
やはりレギンスを履いたまま入浴するのは湯船が汚れますから、その点は注意しておきましょう。

レギンス入浴は
「1回でも、太もも周りが3センチ細くなった。」
と言う人もいるほどの効果があるようですね。

とても簡単な入浴法ですから、一度試してみてくださいね。