長時間、飛行機でフライトしていると言う年末年始、ゴールデンウィークなどで旅行する人も最近では増えてきました。

その際、着圧ソックスなどを利用するのはおすすめです。
足のむくみや、だるさが軽減されます。

飛行機に長時間乗っていると、エコノミー症候群を起こす可能性があります。
ですから、足の血流を良くする必要があるんですよね。

機内では、まめに席を立つ、足を動かす必要があります。
しかし、窓際など狭い席でこれを行うと隣の人、特に友人ではない人には迷惑がかかってしまいますし、もっと足を動かさずに足の血流を良くする方法はないのでしょうか?

そのためにも、着圧ソックスはオススメです。

着圧ソックスを履くことにより血流が促進され、血栓が出来にくくなります。
詳しい効果については【着圧ソックスで痩せるのか?効果の秘訣は?】を読んで下さいね。

足の疲れもむくみもほぐしてくれますし、むくみ解消をしてくれるので、同時に足痩せも叶います。

最近では、カラーも豊富で普段着としても履くことが出来るものも出てきていますから、女性からは大きな支持を仰いでいます。
ロングからショート丈、骨盤までサポートしてくれるものもありますが、飛行機内のロングフライトで使うのであれば、ヒップまでカバー出来る着圧ソックスがおすすめです。

また、飛行機専用の着圧ソックスも販売されています。

ドクターショールフライトソックスと言うものです。
段階圧力設計が血行をスムーズにしてくれ、飛行機内での足の疲れやむくみを和らげてくれる着圧ソックスです。

足首は23hpa、ふくらはぎは19hpaの段階圧力を採用しています。
男女や年齢を問わず使えると言う点も嬉しい所ですね。

膝下丈の着圧ソックスになり、コットン風の柔らかい素材で出来ています。

夫婦や恋人と一緒に旅行すると言う人々も多いですから、一緒に着圧ソックスを利用して、快適な旅にするのが一番です。

飛行機を利用する人のおよそ5人に1人が、ロングフライトで足の悩みを抱えていると言います。

気圧変化や同じ姿勢が続く長時間フライトで、足がいつもと違う、と言うことは多々あると思います。
そんな足がスッキリしない原因は血液やリンパの流れが滞り、下半身に溜まってしまっているからなんですよ。

足に余分な水分が溜まってしまっている状態です。

現地に到着した際、足がパンパンに張って、疲労を感じてしまったと言う経験を持っている人は少なくないのです。

到着したはいいけれど、足が疲れて動けないなんてことになったら、せっかくの旅行もしょっぱなから台無しですよね。

英国の航空健康協会が認定したフライトソックスなどは、英国の圧力値標準規格を元に開発された段階着圧ソックスです。
長時間のフライトでも安心です。

こちらも膝下丈なので手軽に履けるのも人気の1つですね。

さらに着圧ソックスを履く以外にも、靴を脱ぐことも忘れずに。

座席に座っている間は靴を脱ぎ、靴下のまま過ごすことでロングフライトでも多少は足が楽になります。
足首もこまめに動かしましょう。