冬はもちろんのこと、昨今では夏でも冷え性に困っている、と言う女性は大勢います。

オフィスで冷房が効きすぎて
「足先が冷える。」「体が震える・・・」
と悩んでいる女性は多いです。

夏でも冷え性の女性は、なぜ夏場でも冷え性になってしまうのでしょうか?

まず、足先の冷え性の原因の多くは、血行不良によるものだと言われています。

もともと足は、心臓からかなり遠い位置にあります。

心臓だけの力で、血液をうまく循環させることは不可能なんですよ。
ですから、足の筋肉をうまく使って、血流を循環させる必要があるのです。

ですが、長時間座りっぱなしのデスクワークや立ち仕事だと、足の筋肉をうまく使うことが出来ないでいるのです。

そうすると、血行不良が起こり、冷え性を引き起こすことになります。

このような場合は、着圧ソックスがおすすめでしょう。

着圧ソックスを履くことにより、足に適度な圧力がかかり、血液のめぐりを良くすることができます。
血行をよくすれば、冷え性を改善することは難しくないのです。

実際、着圧ソックスを履いたら「足がポカポカする。」と実感する人が多いです。
これは、着圧ソックスにより足の血流が改善されたためです。

また、むくみに悩んでいる女性も、着圧ソックスを使用するだけで問題が解決する場合もあります。
むくみを改善すれば足はすっきりし、美脚効果を目指すことが出来ます。

さらに女性の場合、2人に1人が冷え性だと言われています。

冷え性で悩む人が多いと言われており、また冷え性であることに気付かない、隠れ冷え性の人もいます。

冷えは、むくみを起こす大きな要因で、むくみで溜まっている水分が冷えを起こすケースは多々あります。

冷えとむくみがある人は、栄養バランスの偏りや血行不良、もしくは筋力の低下などがあげられます。

片方だけ改善しても、冷え性が改善することはなく、両方の問題を解決する必要があります。
しかし、どちらか片方だけは、解決はできても、両方の解決を目指すことは日常生活の中では難しいことでしょう。

ですから、着圧ソックスを履くことで、両方の改善を見込むことが出来ると言われているんですよ。
冷え性が改善されることにより、むくみにくくなりますし、着圧ソックスを履くことで冷え性が改善されます。
着圧ソックスにより、多くの足トラブルも改善させていくでしょう。

冷えもむくみも、血流のめぐりが滞ってしまって起こる症状です。
ですから、血流だけでなく、リンパの流れも悪くなり、足に老廃物が溜まった状態になります。

改善したいなら、ふくらはぎの筋肉を使い、リンパをポンプのように動かし、老廃物を上半身へ押し上げる必要があります。
しかし運動する時間がなかなか取れない人には着圧ソックスがやはりおすすめですね。

適度な圧力で、足を圧迫することが出来ますから、筋肉のポンプ機能を強くしたり、むくみの原因である血管から血液が染み出してくるのを少なくすることが出来るからです

冷え性を改善する場合も同じく、血液循環のめぐりが悪いために起こりますから、このような着圧ソックスを履くことでめぐりを良くし、ぽかぽか足先を目指しましょう。
市販されている着圧ソックスの選び方は【着圧ソックスが市販されているのが多すぎ!どれを選べばいいの?】を読んで下さいね。